読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会派女子量産計画

母も妻も、嫁も仕事も。カッコ悪くても、正直に生きたい。

何か理由がないと、モノが買えない。

 

小さいブランドづくりをもう15年やってきています。
いくつのブランドづくりに携わってきたかな。。。

 

 

 

15年前にハンドメイドを始めた時には 企業のHPも大企業のものしかなくて、ようやく掲示板が出始めて、「タグ」をコツコツと並べて今思うととってもお粗末なHPを作って、そこになんとか自分の作品を載せて売る、ってな感じの時代でした。ヤフオク出品も一苦労。
メルカリの手軽さにほんとにびっくりします!

あの頃は”世の中にないもの”を探して作るのは今よりも容易だった気がします。(もちろん、努力はしていましたよ!)でも、今ほど気軽に欲しいものが探せる時代でもなく、今よりもビジネスの種がたくさんあったと思います。SNSが発達して、楽天Amazonのおかげでちょっと検索すれば何でも出てくるし、翌日手に入る! さらに安い!
お買い物の仕方が完全に変わっちゃったんだよね。最近はとりあえずメルカリで探したりする(笑)

だから、こんな時代にまた新しいブランドを作っちゃうことに恐怖がないかというと、少しあります。普段使いのものならともかく、ハレの日のお洋服なんて。特に男の人にはよくわからないらしく、銀行マンや行政関係、コンサルの方でも、「それ、売れるの?」ってところから入るのでなかなか話が進まないことも。
ちゃんと需要はあるんですよ、ってひとつひとつ説明していくのですが、「あぁ、おじいちゃんやおばあちゃんが買ってくれる狙いだね。」みたいな話になっちゃって。それもまた、ちょっと違うのにな、って思うのだけど面倒くさいので、最終的にはそういうことにすることもしばしば。。。

それだけ超ニッチな市場であるとは思うんだけど、そもそも「モノを作って売る」とか「モノを売る」というだけだったらAmazon楽天に到底叶わないわけです。だから、きっちり世界観を作って、モノを作って、サービスとして提供する。という視点で常に考えるようにしています。

いまは何か理由がないとモノが買えない時代だと思うのですが、逆に理由を作ってモノを買いたい、という需要もあるのだと思うのです。
おじいちゃんやおばあちゃん達も、「孫のため」っていう理由があるからこそお金を使えるわけで。わかりやすく消費するだけの社会じゃなくなったからこそ、世界観を共有することで幸せな気持ちになってもらえたらいいな、と考えています。

レンタルの準備してますよー。お取り扱い店舗も増えてます!
実はもうひとつの秘策(?)オーダーメイドの準備も始めます。「かえる、かりれる、つくれる」って感じのワールドにしていきたいなと思ってます。子供の落書きをそのままドレスにできたりとか!たのしそう♪

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⚫︎高品質なキッズドレスブランド「Cotori(ことり)」
http://cotori-dress.shop-pro.jp
⚫︎キュレーターマガジンでライターしてます。
http://up-to-you.me/curator/73
⚫︎ かとうはとこのtwitter
https://twitter.com/cot_coto
⚫︎かとうはとこのnote
https://note.mu/hatocok
⚫︎メルマガ 1週間で起業家マインドになる!〜夢ある幸せ主婦のススメ〜
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGbXzbGEv
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・