読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会派女子量産計画

母も妻も、嫁も仕事も。カッコ悪くても、正直に生きたい。

起業家であるということ

わたしのこと 仕事のこと 経営者ということ

 

ずいぶん前にブログでもお話ししたのですが、女性起業家のビジネスコンペにエントリーしていました。
先日、その表彰式が。

 

 

 

 


残念ながら、わたしのプランはファイナル10名の中には選ばれなかったのですが、
318社中の二次審査30社には残せていただいて。
その華やかなプレゼン&表彰式、レセプションに参加させていただきました。

ファイナルに残れなかった理由は、”実績がないから” と言われました。本当のところはわかりませんが、
ファイナルに残った皆さんは確かに。既にある程度の実績があり、海外進出もされていたり。
なるほど、説得力が全然違う。

もちろん、ベンチャーを応援してほしい気持ちはあるのだけど、
まずはここまで自分の力で来てからが勝負よ、ってことなのだな、と思ったのです。
わたしレベルで もがいている人は、いっぱいいる。

それでもトップ10%に入れたことは何かしら光を与えられたということなのだ、と理解したいです。

今の純粋な気持ちとしては
「わたし、がんばるの、止めよう」
って思ってます。(笑)

なんか、きっと、すごくすごーく努力してその場所に行く、というよりは
みなさん、なにかの使命を持っていて。
よくわからないけど、それに突き動かされているうちに、自然とその場所にたどり着いていた。。。
っていう風に感じたので。

なので、わたしは ”力んでがんばること”をやめようと、思っています。
というか完全にそれは捨てました。
現実的な問題はもちろん色々あるけれど、何かに突き動かされている感じはある。
余計なものを間引いていく必要はあると思うので、その努力だけ、していきたいと思っています。

もっともっと、シンプルに、自分の欲求に素直に。

それは感情を出したり押さえたりすることだったり、意識改革だったりするのかもしれないし、
物理的に今抱えているお仕事を手放していく、ということかもしれません。
より一層、少しスピリチュアルな感覚を研ぎ澄ませていく必要があるな、と思っています。


2016年の上半期は、Cotoriを通して本当にたくさんの人と出会えました。
はじめまして、の人の数で言ったら、大学入学時に匹敵する気がします。

わたしが「やりたい」と思っていることは、本当に難しいことだし、
一回遠回りする必要があるかもしれません。

わたしの見識や経験が足りずに勘違いしていた部分も大いにあるし、もっと違う手段を取らなくてはいけないかもしれない。
もっともっと良く考えてみます。

 

 

 

 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⚫︎高品質なキッズドレスブランド「Cotori(ことり)」
http://cotori-dress.shop-pro.jp
⚫︎ かとうはとこのtwitter
https://twitter.com/cot_coto
⚫︎かとうはとこのnote
https://note.mu/hatocok
⚫︎メルマガ 1週間で起業家マインドになる!〜夢ある幸せ主婦のススメ〜
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGbXzbGEv
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・