読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会派女子量産計画

母も妻も、嫁も仕事も。カッコ悪くても、正直に生きたい。

嫉妬や陰口とどう付き合うか その3

わたしのこと 仕事のこと 日本のママのこと

 

 

 

 

このネタは、なかなか盛り上がりますね(勝手に 笑)。

嫉妬って、自分がわからないうちに陥ってしまっていることも、多いと思います。
わたしは、何か言われた時に
「わたしは、あなたを映す鏡なだけなのに。」って思うこと、多いです。

自分探しって、ひとり旅に出たり、ひとりで考えたりすること、だと思われがちですが。
実は、人と関わることが自分探し、だと思っています。

ありがたいことに、本当に素敵な家族や友人が多くいるので、
「あぁ、なんてわたしは素直じゃなかったんだろう」
「わたし、全然がんばってないな、怠けてたね。」
「お! この分野では結構わたし、出来る方なのね。。。」
とか。
そういう気づきって、人と関わることでしか、気づけないと思うのです。

だから、わたしに(間接的に、だけど)攻撃してくる人たちは、わたしを通して、自分を見ている。
まぁ、気づかないだろうけど。。。


まぁ、マジでぶっちゃけ思うのは。。。
みんな どんだけ、不倫したいの??? ってことです!!!

年明けベッキーから始まり、今の日本社会では、不倫バッシングが、流行りっぽくなってるけど。
そんなに気になる、ってことは、やってみたい!いや やりたい!の裏返しだと思うんだよね。。。

たしかに、結婚して、子供ができたらほとんどの夫婦がセックスレス
むしろ、どれだけヤってないかを競うような風潮だし、そもそも日本社会は女子の性欲を認めない。
でも人間だって動物だし、特に男の人をどんどん生きづらくしている社会なのではないか、とわたしは感じています。
そんな一生きれい事で過ごせる人なんて、いないです。
性欲って、ほとんどの場合が感情に左右されているので。

一方では終わっていることが、もう一方では終わっていなかったり。
「好き」のレベルが双方で違っていたり。
男女ならまだわかりやすいけど、男と男、女と女の場合もあります。

そしてこれだけ不倫が暴露されて 出てくるって事は、それだけ需要があるってことで(ちょっと語弊があるかな・・・)。
この社会がどこか歪んでいるんじゃない?ってことじゃないかな、と感じています。

いま、目の前にある現象にはすべて理由があると思うのです。
認めないのも、反発するのも自由だけど。
素直に受け止めて、では、どうしたら、その需要を満たせるのか?って考えることがマーケティングの基本であり、より本質に近づけることだと思っています。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⚫︎高品質なキッズドレスブランド「Cotori(ことり)」
http://cotori-dress.shop-pro.jp
⚫︎ かとうはとこのtwitter
https://twitter.com/cot_coto
⚫︎かとうはとこのnote
https://note.mu/hatocok
⚫︎メルマガ 1週間で起業家マインドになる!〜夢ある幸せ主婦のススメ〜
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGbXzbGEv
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・