読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会派女子量産計画

母も妻も、嫁も仕事も。カッコ悪くても、正直に生きたい。

おしごとをお断りしたはなし。

 

 

新規事業に集中したいので、今、既存のお仕事を精査しています。
その中で、OEM(生産委託)で弊社の売り上げにかなり貢献していただいていた会社のお仕事をお断りすることにしました。

理由は、ぶっちゃけ「やればやるほど、赤字になるから」です。(笑)
いや、笑えない!

昨年は1000点以上のご注文をいただいていたので、今年もそれだけのご注文を見込んでいたし、
わたしからスタッフに引き継ぎもして、わたしが間に入らなくても回る仕組みを作っていました。
人件費がかかっている。

それが、今年に入ってから ご注文の数が一気に減ったこと。
注文の内容が煩雑で、トラブルが起きやすかったこと。(実際、納品後にやり直し、ということが何度も。。。)
というのが大きな理由です。

トラブルの度に振り回され、同じように時給がかかってくるのですから、経営者としてはまっとうな判断と思います。
もちろん、トラブルが起こる度に、それを検証し、先方にそれを回避するためのアイディアを提示し、
こちらがやるべきことと、先方がやるべきことをきちんとお伝えしてきました。
「ものづくりの現場がわからないと、しょうがないよね。」
という気持ちで。

でもね、でもね、
本当の本当の理由、わたしの本音は、先方に成長意欲が見えなかったから。です。

トラブルが起こった時。
基本的に、「そちらの責任ですよね」っていう態度なんです。

種類が多く、同じ柄でもモノによって素材が違ったり、同じ種類でもカラー違いがあったり・・・
と煩雑な製品注文にも関わらず、
発注が超〜雑!!!
何度か繰り返して慣れた頃、こちらも確認しながら順調に進めて、ようやく納品できた! と思った矢先。
「生地が違うんですけど。。。」
「は???????? 確認しましたよね?????」

で、違います!っていう生地、こっちには届いていない。(怒)
それについての謝罪は一切なく、
改めての納品の納期が遅れたことで、若干切れられる。
(たぶん、こっちに届いていない、っていうのを信じてもらえてない。)

もうね、やってられないのです。
わかりますよ、そちらも先方がある仕事をされていること。
でも、私たちは対等な価値交換をしたいのです。
いくら、こっちがプロ意識を持って、良い商品を、無茶な納期の中で頑張って納品しても
何か間違いがあった時、すべてはこっちの責任という態度でこられると、
まぁまぁ我慢強いわたしでも、さすがに もうお断り!ってことになるわけです。

これが通常1000以上のご注文があって、色々 鑑みたときに弊社に利益になるということであれば
上辺でもがんばりますが。

ビジネスも、夫婦関係も、友達関係も恋人関係も全部一緒。
同じだけ、成長できる相手とじゃないと、長くは続かない。

本質は、すべて一緒。

 

※ 経営者として、ここまでぶっちゃけるのはどうか?という気持ちは大きくありますが、ものづくりの現場を知っていただきたいので、
あえて言わせていただきます。。。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⚫︎高品質なキッズドレスブランド「Cotori(ことり)」
http://cotori-dress.shop-pro.jp
⚫︎ かとうはとこのtwitter
https://twitter.com/cot_coto
⚫︎かとうはとこのnote
https://note.mu/hatocok
⚫︎メルマガ 1週間で起業家マインドになる!〜夢ある幸せ主婦のススメ〜
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ylTbGbXzbGEv
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・